スピリチュアル/占い/霊視/茨城の母

アクセスカウンタ

zoom RSS 数霊は月夜見神界の眷属

<<   作成日時 : 2013/12/23 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

数霊を理解するには、二つの手法が在り、ひとつは言霊に変換して認識するやり方、もうひとつは、直接的に数霊に対峙して数理的に組み立てて操作し、法則を見出す方法であります。どちらも神秘学にとっては大切なことである。
分かり易い例では、369でミロクの世、岡本天明「日月神示」の¨二二十八◎の八まの九十三¨(富士は神の山)などは、分かり易い数霊。
しかし、ヨハネの黙示録の666がなぜ獣の数字なのか、アマテラス大神の数霊が何故三六九なのか、などぱ難解な数霊表を使って説明したり、難しい数字の操作を必要とする。

数霊を理解するのは、数と現実の世界の意味がシンクロしているという事実をどう説明するのか、というところが問題。言霊はその音のイメージと文字霊を媒体に解釈するのでわかりやすいが、数霊は、数の概念は分かっているけれど、ただそれだけで神秘的な意味を持たせた数霊は具体的なイメージは出てこない。
シュタイナーの言い方では言霊は、像と概念を伴ったイマギナティオン認識の段階という。
しかし、数霊は、概念と本質だけのインスピラティオン認識の段階であるので、ひとつ上のランクの、より抽象性のある認識段階なのです。そのため、数霊は、言霊に翻訳したり、難解な操作を経ないと私たちに理解できるイメージにならないところがあるが、最終的に本質を認識するということは、そのまま神を認識することにつながる。その手がかりとして、数の概念を示してくれたのは、神の導きなのかも知れない。
だから、文字や言葉と比べて、数霊が難解というべきではないようである。


・暦は埋没神のアピール?

故金井南龍氏は「数霊は月読神界の眷属」と言っていました。月読命は埋没神です。
月山に追われ、夜の闇の中に押し込められている。同様に数霊も闇の中に封じられていて、そのために難解になっているのかもしれない。
数霊を解明することは月読と重なってくるというのは興味深い。
暦の場合は、太陰暦は月齢と数のシンクロニシティ、数霊が月読神界の眷属であめるのは理解出来る。

平田篤胤が研究のために生活が困窮し、収入のために暦の本を造ったという。
篤胤の著作の殆どは暦だった。暦はすなわち占いです。篤胤も占い系の本を書いたのです。
人は、方位やその日の吉凶を暦を見ます。というわけで、月読は埋没神と言っても、暦という形で月と数が世に浸透している。


・数は霊界の根元語

数霊は言霊と違い言語の制約はない。シュタイナーは「神智学の奥義を語るにはより根元的な言語で話したい」と言っている。自国語だけで神界を語ると、その自国語に含まれるナショナリズムの影響を受けてしまう。そこには民族霊の波動が働く。
つまり、根元語で神界を探求できれば、民族霊の波動から開放される。
(シュタイナーは、ドイツ語以外に、英語、フランス語を使って講義をしているが、結局西欧世界の制約は解放されていない)
そこで数です。数はおそらく、宇宙共通の言語であり、それゆえ根元的な言語です。
霊の世界を探求するのなら、自国語のカルマにとらわれることのない数という言語を使わなければならない。
ユングは晩年の研究で「1,2,3,4と進むことは真に神秘である」と言っている。
自然数の自然配列について神秘を感じている。


・大八州の数霊的解釈「八」

岡本天明「古事記数霊解序説」によると、イザナミが亡くなり、イザナギが妻に会うために黄泉の国へ赴いた時「吾と汝と作れる国、未だ作り終えずあれば、還りまさね」と言う。
つまり「まだ八つしか国生みをしていないので、一緒に戻って国を作ろう」と言うのです。その後経緯があり、イザナギが黄泉の国から逃げるとき、黄泉の国の出口のヨモツヒラサカで千引き岩を使い道を塞いで「事戸を渡す」わけですが、このヨモツヒラサカの「四百(ヨモ)」と「千引岩」の「千」の解釈は難しいので解説は省略しますが、「事戸」は「九十戸」と数霊的に解釈できる。一般的に「事戸」は別れの言葉、と訳します。しかし、もっと深く考えると、陰陽、天地を象徴する夫婦の神が交流を絶って「九十戸を渡す」すなわち「九十戸のところで戸を閉める」というわけです。
より完成に近い九と十という数霊をイザナギは捨ててしまう。そこで必然的に現世は「大八洲」「八方世界」など、不完全な八までの形でしか表現できなくなった。
これが天明の考え方です。そのために、一から八までは現世の表出で、九と十は霊界の在り方として分離して考えるようになった。
「八卦け」も現世的な限界を示す言葉と言える。



二十年前の「ムー」の記事を参考にしましたが、雑記なので元記事は不明








スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会

Google

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
数霊は月夜見神界の眷属 スピリチュアル/占い/霊視/茨城の母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる